さらきの里

ふれあいセンター

〒024-0103岩手県北上市更木16地割99

特産品案内

更木桑茶(茶葉・パウダー)

桑茶は、中国では2世紀の頃から神仙茶と呼びお茶の代わりに飲まれていました。
日本でも、鎌倉時代の禅師栄西が著した最初の茶書には、桑茶の用い方が詳しく述べられております。以来、桑茶は広く民間の間で飲み継がれてきました。
桑茶には、食物繊維・カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛などのミネラル成分が含まれています。
桑の加工品である桑茶パウダーは、健康維持に取り組まれている方にお勧めするノンカフェイン健康茶です。

桑活用品の効果的な取り入れ方

(桑茶)
急須やティーポットに桑茶大さじ1杯分(約3g)を入れて沸騰したお湯(約300~400ml)を注ぎ、お好みの濃さになるまで数分待ってお飲みください。
(桑パウダー)
お茶として召し上がる場合は、湯呑みやティーカップに、桑茶パウダー小さじ1/2杯入れ、沸騰したお湯(150~180ml)を注いでお飲みください。
桑パウダーは作る素材の良さを損なわない癖のない粉末食品なので、お茶として飲む以外に、各種の料理に入れ込んで健康増進に役立てていただけます。

桑茶はこのような方に
おすすめします!
  • 野菜不足の方、野菜嫌いな方
  • 外食が多く偏食しがちな方
  • 美容と健康を心がけている方
  • 脂分の多い食事(肉類)を好んで召し上がれる方
  • 食生活が不規則な方

桑茶パウダーは、そのまま飲用するか、他の食品に入れ込んで健康増進食品として摂取するのが一般的ですが、その健康効果は食品としての効果で、薬としての効能はありません。

更木桑麺(そば・うどん・そうめん)

日常おいしく手軽にお召し上がりいただける桑麺シリーズ。カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、カリウム、食物繊維、そして桑特有の成分を豊富に含む桑葉を茶粉末にして麺に練り込みました。

  • 更木 桑そば
  • 更木 桑うどん

二子さといも

岩手県北上地域の「二子さといも」は、数百年から北上川と丘陵で囲まれた肥沃な土壌で育てられています。
二子さといもは、他の里芋に比べ粘り気が強く、くちの中でとろける食感が特長で、柔らかいのに煮崩れしません。
また、北上市のご当地B級グルメ「北上コロッケ」に使われていると広く知られています。

繭の工芸品

更木地区では昔から養蚕が行われ、『更木しらゆり会』では、まゆ玉を使用して髪飾りやアクセサリーなど種類も豊富に作品を制作しております。
北上市の花 「しらゆり」 、木 「さくら」 をモチーフにした商品を多く手がけております。

枝豆(秘伝)豆腐、おから

農事組合法人さらきで生産した大粒枝豆(秘伝)を使って臥牛とうふ工房が豆腐にしました。
薄緑色をした枝豆のほのかな香りのする美味しい豆腐が出来ました。湯豆腐でお召し上がりください。
おからも一味違います。限定製造なので土曜日~日曜日のみの販売です。一度お試しください。
枝豆(秘伝)豆腐(180円)、おから(100円)

スマートフォン版
さらきの里
ふれあいセンター

QRコード

バーコードリーダーが搭載されていない場合は、あらかじめAppStoreやGoogle Play(Androidマーケット)などでバーコードリーダー機能を持っているアプリをインストールしてください。

↑ PAGE TOP